おススメ書籍 レビュー

コミック版【影響力の武器】を読んでみました

投稿日:

Pocket

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

影響力の武器 コミック版 [ ロバート・B.チャルディーニ ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/7/4時点)

 

ロバート・B・チャルディーニの【影響力の武器】の本を読みたかったのですが、まとまった時間がなかったので、とりあえず、コミック版の【影響力の武器】を読んでみました。

【影響力の武器】の著者、ロバート・B・チャルディーニとは

【影響力の武器】著者のチャルディーニは米国を代表する社会心理学者の一人。ウィスコンシン大学を卒業後、ノースカロライナ大学とコロンビア大学で大学院生活を送った後、長らくアリゾナ州立大学で教鞭をふるっています。一方でINFLUENCE AT WORKという会社を設立し、ワークショップや講演活動を行い、【影響力に関する科学的知識】を社会に広めてきました。

【影響力の武器】は、著者が相手から承諾を引き出すテクニックについて、社会心理学の視点から研究したものです。承諾誘導のプロであるセールスマンや、募金活動員、広告マンの世界に入り、そこで使われている効果的なテクニックや戦略を観察したのものです。

 

 

コミック版【影響力の武器】を読んで

コミック版の【影響力の武器】は50ページほどの薄い本で、30分もあればサラッと読める分量です。コミック版の良いところは、ページ数が少なく、文字が少ないので短時間で読みやすいところ、要点がまとまっていて、映像からのイメージもあるので理解しやすいことです。

相手に「イエス」と言わせる戦術に潜む心理学の原理「返報性」「コミットメントと一貫性」「社会的証明」「好意」「権威」「希少性」について、近未来の「承諾誘導戦争」のストーリーに沿って、説明されています。

絵柄はアメコミ風で、ちょっとポップな雰囲気ですが、「承諾誘導戦争」のスト-リーは、漫画として読むには、面白い、引き込まれるようなストーリーではなかったです。しかし、【影響力の武器】の概要を知るには、ポイントは押さえてあるので、ちょうどよい本でした。

 

まとめ

コミック版【影響力の武器】は、サクッと短時間で読め、内容もわかりやすく、興味を持てたので、読んで成功だったと思います。時間を作って、本の方も改めて読んでみようと思います。

内容が噛み砕いて書いてあるので、本よりは理解しやすいと思うので、小学生の息子がもっと大きくなったら読ませてみたいと思います。

-おススメ書籍 レビュー

Copyright© 40代でフリーランスのママさん美容師が楽しく資産をふやす , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.