やってみた 食べてみた

「あさイチ」でやってた鳥モモ肉のパリパリソテーを作ってみた

ミニー
こんにちは!ミニーです。

2019年9月10日放送のNHK「あさイチ」のハレトケキッチンで「鶏モモ肉のパリパリソテー」を作っていたのを観たらどうしても食べたくなって、作ってみました!

ハレトケキッチンで鶏モモ肉のパリパリソテーの作り方を教えてくれたのはフレンチシェフの秋元さくらさんでした。

出勤時間の都合上、最後のソース作りまで観れなかったので、ソース作りは省略しました。

 

鶏モモ肉のパリパリソテーの作り方

材料

鶏モモ肉のパリパリ焼き

鶏モモ肉 2枚    小さじ1   コショウ  少々   ジャガイモ 2個 (我が家はジャガイモ好きなので多め)  ニンジン (中) 1本

オリーブ油 大さじ2   ニンニク(潰す) 1かけ   ローズマリー 1本   (クレソン 適量あれば素敵)

ソース

 100ml   ニンニク(みじん切り) 小さじ1/2   トマト(8㎜角に角切り)  1/2個

レモンの絞り汁  小さじ1強   オリーブ油  小さじ 1/2

 

作り方

①鶏モモ肉は室温に15分ほど置き、筋切りして身の厚い部分に切り込みを入れる。

鶏モモ肉の皮の方をフォークでプスプス、とにかくたくさん刺して穴を開ける。

ミニー
フォークでたくさん刺すと鶏モモ肉が平べったく薄くなります。火が通りやすくなって、皮から脂も出やすくなります。

肉の厚みが均一になるように整えたら、塩、コショウをふる。

 

②ジャガイモは塩ゆでして半分に切る。

ミニー
ちなみに私はジャガイモは半分に切ってから、輪切りにしたニンジンと一緒に蒸し器で10分くらい蒸しました。

ローズマリーは半分に切る。

 

③アルミホイルをフライパンの内側の大きさに合わせて筒状にし、油除けふたを作る。

ミニー
このふたはなくても良いけれど、あれば、フライパンの周りが脂で汚れるのを防ぐことができるので後片付けがラクです。

 

④冷たいフライパンにオリーブ油、潰したニンニクを入れ、ニンニクの香りが出るまで中火にかける。

 

⑤フライパンからニンニクを取り出し、鶏モモ肉の皮の方を下にして、ローズマリーは鶏モモ肉の上に乗せ、中火で8分、焼いていく。

フライパンの空いている部分にジャガイモを入れ、アルミホイルのふたで覆う。

 

 

⑥鶏モモ肉の皮がこんがりきつね色になったら、強火にし、さらに1分焼く。

 

弱火にし、鶏もも肉を裏返して、ローズマリーを肉の上に乗せ2分焼く。

 

⑧フライパンからジャガイモ、ローズマリー、鶏モモ肉を取り出し、鶏モモ肉は皮を上にして、バットの上で2分置き、余熱で火を入れる。

 

⑨ソースを作る。

フライパンの余分な油を取り除き、水100mlを入れ、フライパンにこびりついた肉のうまみをへらでこそげとる。

みじん切りのニンニク、8㎜角の角切りにしたトマトを入れて軽く炒め、鶏モモ肉を休ませていたバットに溜まった肉汁、レモンの絞り汁、オリーブオイルを入れてヘラでかき混ぜて仕上げる。

 

⑩盛り付ける。

鶏モモ肉は2㎝幅くらいにカットし、ジャガイモ、ニンジンとともに盛り付ける。

ソースは、鶏モモ肉のパリパリ感を楽しみたい場合は肉の半分くらいにかける。

ミニー
今回、我が家はソースを作らなかったけれど、ソースが無くても美味しかったです

 

 

鶏モモ肉のパリパリ焼きの出来は?

今回はNHKのあさイチでフレンチシェフの秋元さくらさんが作っていたのを観た記憶のまま作りましたが、初挑戦でもしっかり鶏もも肉の皮がパリパリに焼くことができました。

 

ミニー
我が家のベランダでほったらかしながら育てていたローズマリーが良い仕事をしました。

ローズマリーの風味があると、一気に高級感が増し、フレンチっぽくなりますよ。

 

美味しくできたので満足です!

The following two tabs change content below.

ミニー

東京でちびっ子3人を育てながら、美容師をしています。 日頃の行動範囲は狭いけれど、お出かけ大好きです。 映画観たり、美味しいご飯食べたり、旅行に出かけたり、アートに触れたり、毎日ワクワク楽しく過ごしていきたいです。

-やってみた, 食べてみた
-,

Copyright© 家族で毎日ワクワク楽しむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.