ドラマウォッチ

テレビドラマ「私たちはどうかしている」第1話ネタバレと感想

テレビドラマ「私たちはどうかしている」は2020年8月12日に始まった日テレの水曜夏ドラマです。

テレビドラマ「私たちはどうかしている」の原作は講談社「BE・LOVE」で安藤なつみさんが連載中の漫画「私たちはどうかしている」で、原作の漫画がとても面白かったので、ドラマ化もとても楽しみにしていました。

原作第一話の試し読みはコチラ

キャストは主役の花岡七桜(なお)は浜辺美波さん、因縁の相手、高月椿は横浜流星さんという今一番ノリに乗っているお二人に、脇を固める役者さんが、女将が観月ありささん、多喜川薫は山崎育三郎さん、職人の城島が高杉真宙さんととても豪華で、期待大です。

 

今回はテレビドラマ「私たちはどうかしている」第1話のネタバレと感想をお伝えします。

 

テレビドラマ「私たちはどうかしている」第1話のネタバレ

テレビドラマ「私たちはどうかしている」第1話では、花岡七桜と高月椿との出会いと再会の場面が描かれています。

15年前、花岡七桜は光月庵で和菓子職人として働く母の百合子と、光月庵の社員寮で暮らしていました。そこで同じ歳の椿と知り合い、和菓子を作る楽しさに目覚めます。

ある日、高月椿の父の樹が何者かに殺されてしまいます。

七桜は倒れている樹と血まみれになっていた椿を目撃しましたが、椿が「父を殺した犯人は百合子だ」と証言したために百合子は逮捕され、取り調べ中に急死してしまいます。

七桜は全てを失い、施設で育ちましたが、成長して母と同じ和菓子職人を目指すようになっていました。

ある日、七桜は贔屓のお客様から「結婚式の引き出物のお菓子を作って欲しいが、結婚相手が茶道の宗家で相手も贔屓にしている和菓子屋があり、引き出物を決めるための和菓子対決を引き受けて欲しい」と頼まれますが、和菓子対決の相手が因縁の光月庵であったために、断ります。

同じころ、七桜の働いているお店に「花岡七桜の母は人殺しだ」というメールが届くようになったために、七桜はお店を突然解雇されてしまいます。

七桜が行き場を無くして雨の中さまよっているところに出会った多喜川から「七桜の母から預かった」という手紙を受け取り「私は何もやっていない」と書かれていたのを読み、和菓子対決を引き受けることにします。

和菓子対決で再会した椿は、七桜の正体には気づいていない様子でした。
和菓子対決では、勝負は互角のように見えましたが、結婚相手の茶道の宗家が贔屓にしている和菓子屋で決めざるを得ないとのことで、七桜は光月庵の看板に屈します。

帰り道、七桜は椿から「俺と結婚しない?」と突然プロポーズされます。
椿はずっと憎み続けてきた相手ですが、事件の真相を知りたい七桜は「いいよ」と答えます。

すると椿は「手土産を持って3日後に光月庵に来るように」と桜に言います。
3日後に七桜が光月庵に行くと、椿は老舗旅館の娘の栞との祝言の最中でした。

七桜はひるまず、椿に手土産の和菓子を渡しにいきます。渡した和菓子は「新月」という名の、ただの飾り気のない羊羹でした。
結婚の儀式が中断し、部屋の中がざわつく中、椿は「七桜と結婚する」と宣言します。

椿と栞との政略結婚を決めて、傾きかけている光月庵の経営を安定させたい女将は、別室で椿をいさめようとしましたが、逆に七桜が15年前の殺人事件の話題を出します。

そこへ、大旦那の宗寿郎が現れ、今回の祝言の中止を土下座で懇願します。
雨の中庭に出た椿は皆の前で、今の光月庵の経営が傾きかけていること、今回の結婚はその支援をとりつけるものだったと話し、土下座でお店の経営の再建を誓います。

そんな椿に激高した大旦那は、3か月で経営を再建できなければ七桜とともにお店から去るようにというのでした。

 

七桜と椿、二人の波乱に満ちた物語が幕開けしました。

 

テレビドラマ「私たちはどうかしている」第1話の感想

今回のテレビドラマ「私たちはどうかしている」が始まる前に、インスタグラムに投稿されていた浜辺美波さんと横浜流星さんの和装姿を見たときにとても素敵だったので、ドラマが始まるのをとても楽しみにしていたのです。

 

 

浜辺美波さんの強い目力は、心の中にたぎる思いがある七桜の強さを感じられて、横浜流星さんの涼し気な目は椿のどこか影がある冷たいまなざしのようで、二人ともイメージピッタリでした。

他の登場人物の方々も漫画のイメージに合っていて、原作漫画の世界観の再現度が高くてとても嬉しかったです。

 

このドラマは和菓子がテーマなので、金沢の「和」な風景や、キャストの方々の素敵な和装、和菓子は美しくて、観ているだけでも楽しくて癒されました。

 

今回はどうして七桜が椿の元へ来たのか、とても丁寧に描かれていたと思います。

 

惹かれていたけれど憎い。ずっと憎んできたけれど、ずっと気になっていた。

憎いけれど、一緒にいたら、愛してしまうかもしれない。

本当に「どうかしている」感じです。

 

次回もとても楽しみです。

 

 

 

 

 

ミニー
この記事はいかがでしたか?

-ドラマウォッチ
-, , , , , ,

© 2020 家族で毎日ワクワク楽しむ Powered by AFFINGER5