ドラマウォッチ

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」第3話ネタバレと感想

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」、通称「カネ恋」は2020年9月15日夜10時からTBSで放送開始した、松岡茉優さんと、先日亡くなった三浦春馬さんが主演のラブコメディで、大島里美さん脚本によるオリジナル作品です。

三浦春馬さんと三浦翔平さんのW三浦出演とのことでも話題となっていました。

「カネ恋」第2話では、猿渡慶太が、元カノまりあの婚約者山鹿に対抗心を燃やし、玲子、順、早乙女6人でのテニスコンペを開催しました。
まりあは、結婚する気のない山鹿を3年かけて結婚するところまでこぎつけたのですが、まりあの方をちゃんと見てくれないことに不満を感じていました。

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」第2話ネタバレと感想

一方、玲子は早乙女に15年間片思いをし続けていました。慶太が早乙女に余計な一言を言ったために、早乙女に気持ちがバレてしまいました。
今まで一方的に貢物を渡していたことを早乙女に謝った玲子は、逆に早乙女から食事に誘われました。

今回は「カネ恋」の第3話のあらすじ、ネタバレと感想についてお伝えします。

「カネ恋」の第3話のあらすじ

早乙女とのデートに浮かれている玲子は、ワンピースを新調しました。
慶太は、玲子の新しいワンピースに似合うアクセサリーを探そうと、玲子をマルシェに誘いました。マルシェで、慶太の妹ひかりと会い、意気投合します。

一方、順は、営業先で家族で一緒に仮面ライダーショーを観ている早乙女を見かけました、それを玲子に伝えたほうが良いか、慶太に相談します。

慶太は、山鹿との結婚を取りやめたまりあから、まりあの友達に婚約者だと紹介されましたが戸惑いました。

玲子は早乙女との食事で舞い上がっていましたが、早乙女が既婚者であることがリークされ、週刊誌に写真を撮られてしまいました。

「カネ恋」第3話のネタバレと感想

初回の玲子は、感情の起伏をあまり外には出さず、物静かで、周囲からは何を考えているのかわからないタイプの女子でしたが、第3話では、玲子はだいぶ素直に自分の感情を表に出せるようになり、明るく変わっていました。

慶太のお陰で、気の合うひかりとも出会うことができ、玲子のお母さんが喜ぶ気持ちも良くわかります。

一方で、玲子が15年間好きだった早乙女の裏の顔が、ついにバレてしまいました。

早乙女は結婚して子供もいるのにそれを隠して独身だと偽っていたのです。
早乙女の奥さんは、そんな早乙女に愛想をつかし、離婚を申し立てました。

早乙女が既婚者であることをリークしたのは、早乙女の秘書の牛島でした。早乙女が玲子との食事をプライベート扱いにしたことが気に食わなかったのでした。
独身女性に人気があった早乙女は、窮地に追い込まれてしまいました。

玲子はそんな早乙女のことをほっとけず、早乙女に裏切られたことを知っても、早乙女に告白したのでした。
早乙女から、思いを受け止めることはできないと断られてしまったので、玲子は失恋してしまいましたが、玲子が行動できたこと、前に進めることができたことは良かったと思います。

失恋した玲子が自宅に帰ってきて、長かった髪の毛を自分でバッサリ切って、失恋した心の傷みと向き合う場面では、思わず一緒になって号泣してしまいました。

そんなところに慶太が帰ってきて、頑張った玲子のことを慰めてくれました。
大事にしていたイアリングとお別れする時も、感謝してきちんとお別れして新しい出会いを受け入れたのだから、今度も新しい出会いがきっとあるから。って、なんて優しい言葉なのでしょう。最高の癒し言葉です。

雷が鳴って、驚いたのと同時に思わず玲子をギュッと抱きしめた玲子にキスする場面ではドキドキでした。
この場面だけ何度でもリピートして観たいくらい、キュンキュンな場面でした。

それにしても、三浦春馬さんの演技は魅力的です。ついつい引き込まれてしまって、このドラマを観ているうちに、ますます好きになってしまいました。玲子、うらやましすぎです!!

ついに玲子と慶太の恋が始まる予感⁉

ドキドキしますね。

ついに来週は最終回。ラストまでしっかり見届けようと思います。

応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

ミニー
この記事はいかがでしたか?

-ドラマウォッチ
-, , ,

© 2020 家族で毎日ワクワク楽しむ Powered by AFFINGER5