ドラマウォッチ

ドラマ「私の家政婦ナギサさん」おじキュン特別編ネタバレと感想

「私の家政婦ナギサさん」は2020年7月7日から始まった、火曜10時からのTBSのテレビドラマですが、9月1日、第9話でついに最終回を終えました。主人公の相原メイは多部未華子さんで、家政夫のナギサさんは大森南朋さんです。

テレビドラマ【私の家政婦のナギサさん】最終回のネタバレと感想

しかし、その翌週の9月8日、まさかの2時間ダイジェストスペシャルで、特別編が放送されたのです。

「私の家政婦ナギサさん」は四ツ原フリコ原作「家政婦のナギサさん」という漫画が原作のドラマです。

原作漫画はコチラ

天保山製薬のMRとして忙しく働く、相原メイは、メイの妹からの誕生日プレゼントとして、家政夫のお試しサービスを受けることになりました。

ナギサさんは男ですが、子供の頃から「お母さん」になるのが夢だったとのことで、家事が完璧。指名ナンバー1の家政夫です。

家事が苦手なメイは、これまで営業成績で男性にも負けないように常にトップを目指し、仕事一筋で頑張ってきましたが、ナギサさんとの出会いによって少しずつ変わっていく、というお話です。

「私の家政婦ナギサさん」最終話では、メイはナギサさんに自らプロポーズし、4日間お試しで結婚生活を送ることになりました。
しかしナギサさんは4日間のお試しの途中で「結婚はなかったことにしてください」と置手紙を残し、連絡が取れなくなってしまったのです。

ナギサさんと連絡取れない間に、メイはナギサさんとの結婚生活で自分のどこが悪かったか考え、しっかりナギサさんと向き合って話し合うことを心に決めます。

無事にナギサさんと再会できたメイ。ナギサさんもメイのことを好きだということで、結婚することがきまり、めでたくハッピーエンドとなりました。

今回は「私の家政婦ナギサさん」おじキュン特別編のあらすじ、感想をお伝えします。

テレビドラマ「私の家政婦ナギサさん」おじキュン特別編のあらすじ

メイとナギサさんが結婚して一か月。二人は隣の家の田所にも聞こえそうなほどの大声で、夫婦喧嘩をしていました。
メイは朝、起きるのに、爆音のロックのアラームをセットするのが習慣でしたが、ナギサさんの心臓に悪いということで、音量を小さくしたところ、寝坊してしまったからです。

メイはナギサさんをにらみつけながらも、ナギサさんから手作りのお弁当を受け取り、仕事へ向かうのでした。

メイとナギサさんの出会いを振り返ると、ナギサさんは、仕事ができるけれど家事ができないメイのために、メイの妹の唯がお試し契約をプレゼントした家政夫さんでした。

「おじさんが自分の代わりに自宅で家事をする」ということにはじめは違和感しか感じていなかったメイでしたが、ライバルのアーノルド製薬の田所に新しい薬の契約を取られてしまったことで落ち込んだ時に、ナギサさんに慰められ、朝まで手を握ってもらい、癒されたのでした。

メイのお母さんは、専業主婦ですが、やはり家事が苦手でした。はじめはメイに、仕事も家事も「やればできる」と呪いの呪文をかけ、ナギサさんのような家政夫を雇うということに否定的でしたが、メイが熱で倒れたときに親身に助けてくれたナギサさんのことを、徐々に頼りにするようになります。

結局メイは。自分の意志で、ナギサさんを家政夫として本契約しました。

場面が変わり、行きつけの薬膳居酒屋で、メイの同僚の陶山薫と堀江耕介が二人でランチをしながら、メイの新婚生活について語っていました。
メイはナギサさんと結婚する前に、営業先の肥後先生からプロポーズされたり、色々とあったのでした。
薫が「自分も結婚できるように色々と努力しているのに結婚できないのは何でだろう?」と堀江に話すと、堀江は「結婚はできるできないではなく、するかしないか、個人の選択だから」と。また、「そばでみている限り、陶山にはまだ結婚したいという気持ちが育っていないのでは?」と、コメントしました。自分のことをしっかり見て欲しい薫は、堀江の言葉にキュン!と心が揺れました。

一方、田所はメイとの出会ってからのことを振り返っていました。
メイと田所の家が隣だということを二人だけの秘密にしたこと、メイが肥後先生からプロポーズされ、自分が陶山から告白されたところで居合わせてしまったこと、二人で公園でお酒を飲み、ブランコに乗ったこと…。田所はいつの間にかにメイに惹かれていったのです。

天保山製薬では、メイの上司の古藤深雪と、育休中の馬場さんがオンラインで会話をしていました。瀬川遥人は転勤でいなくなり、会社にいる顔ぶれにも変化がありました。

マンションの廊下で家の鍵を探しているナギサさんを、見かけた田所が自宅へと招き入れました。
ナギサさんがメイとのケンカのことを話すと、田所は「うまくいっているようで安心しました」と笑いました。田所は、ナギサさんに「メイさんの好きな食べ物を作ってあげたらどうですか?」と提案しました。

ナギサさんは以前、メイのお父さんの還暦祝いのパーティーで、メイの提案により、唯と一緒に家族の思い出の料理を作り、疎遠だったメイの母と唯との仲を取り持ったことがあったのでした。

九州に転勤になった瀬川は、上司の松平と二人で居酒屋にいましたが、横浜にいる天馬から電話の着信がありました。二人は遠距離恋愛中。
瀬川が松平にそのことを正直に話すと、松平も応援してくれたのでした。

 

「私の家政婦ナギサさん」おじキュン特別編のネタバレと感想

「私の家政婦ナギサさん」おじキュン特別編は、今までのダイジェストが8割に新しいエピソードが少し加わった感じでした。

メイとナギサさんは、時々衝突しながらも、お互いに向き合い、「必要なことは話合って決める」という方向で、これから幾度となく訪れる波を、難なく乗り越えていくことができる感じがします。

本編の「わたナギ」前半は、ナギサさんとの恋愛が始まる予感があまりない展開でしたが、今回のおじキュン特別編は、メイとナギサさん二人の人間関係や心の動きにフォーカスして編集してあり、終始メイとナギサさんとのラブコメディなんだな、という感じがしました。

ナギサさんがメイの行動に振り回され、どぎまぎしている表情がとても可愛らしくて、確かにおじキュンでした。

ナギサさんから見て、メイは天真爛漫で守ってあげたい幼い部分、はっきり決められない自分をグイグイ引っ張ってくれるたくましい部分、どちらもとても魅力的なのでしょうね。

また、メイがナギサさんと一緒にいる時は、作った自分ではなく素を出すことができる唯一の時間。感情をぶつけても優しく受け止めてくれる安心感があるナギサさんに癒されるのはとてもわかります。良い結婚生活は、自分の心をすっと穏やかに保てることですよね。

陶山と堀江が少し良い感じの関係になったり、瀬川と天満の遠距離恋愛がうまくいってる感じのエピソードが描かれていたのはとても嬉しいです。陶山と堀江の今後や瀬川と天満の遠距離恋愛は、続編も観たいですね。

どうやらパラビでディレクターズカット編もやるみたいなので、それも楽しみです。

 

ミニー
この記事はいかがでしたか?

-ドラマウォッチ
-, , , , , ,

© 2020 家族で毎日ワクワク楽しむ Powered by AFFINGER5