ドラマウォッチ

TBSテレビ金曜ドラマ【MIU404】第3話のネタバレと見どころ

TBSテレビ金曜ドラマ【MIU404】は、2020年の春ドラマでしたが、コロナウィルスによる緊急事態宣言の影響で撮影が進まず、放送開始日が延期されていました。6月26日から放送開始されました。

【MIU404】は、星野源さん演ずる志摩一未と綾野剛さん演じる伊吹藍がバディを組んで、警視庁の刑事部・機動捜査隊の臨時部隊として新設された“第4機捜にて、「24時間というタイムリミット」の中で犯人逮捕に駆けるという話です。

第2話では、逃亡した殺人犯の加々見と、加々見に脅されながら車を運転していた田辺将司と妻・早苗との車の中でのやり取りをめぐるストーリーでした。

TBSテレビ金曜ドラマ【MIU404】第ニ話のあらすじと見どころ

第1話の派手なアクションではなく、心を揺さぶる会話劇が印象的な回でした。

今回は【MIU404】第3話のあらすじと見どころについてお伝えします。

TBSテレビ金曜ドラマ【MIU404】第3話のあらすじ

【MIU404】第3話では、西武蔵野署管内で「男に襲われる。助けて」と若い女性の声でのイタズラの通報が頻発するところから事件が始まります。イタズラ通報を受けた警察が、イタズラ電話があった公衆電話を訪れると、通報者と思われる人がダッシュで警察から逃げるというもので、同様のネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯による遊びではないかとのことでした。

犯人の逃げ足が速く、イタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られているとのことで第4機捜に応援の要請が来て、足の速い伊吹は犯人逮捕に名乗りを上げます。

 

一方、西武蔵野署管内では女性が路上でスタンガンで男に襲われるという事件が数件起きていて、そちらも犯人がまだ捕まっていないということでした。

 

またしてもイタズラ通報があり、志摩と伊吹が現場に訪れると、やはり犯人らしき男が猛ダッシュで逃げていきました。足の速い伊吹でも犯人を捕らえることはできませんでしたが、犯人は一人ではなく複数いて、リレー方式で逃げているということがわかり、現場の自動販売機に取り付けられた防犯カメラの映像により、その犯人が足の速い高校生であることが判明します。

彼らは、陸上部の先輩の危険薬物所持によって廃部になった、高校の陸上部のメンバーでした。

 

TBS金曜ドラマ【MIU404】第3話の見どころ

【MIU404】第3話の見どころは、豪華なゲスト陣です。

イタズラ通報の舞台となった西武蔵野署は、2018年1月期に放送された連続ドラマ「アンナチュラル」(TBS系)で舞台となった西武蔵野署です。「アンナチュラル」に登場した刑事の毛利忠治(大倉孝二さん)と向島進(吉田ウーロン太さん)が雰囲気は「アンナチュラル」の時のまま、同役として第3話に登場しました。

MIU404のスタッフは脚本・野木亜紀子、プロデューサー・新井順子、演出・塚原あゆ子で、『アンナチュラル』以来の再タッグとのことで、今回二人の登場となったのかと思いますが、「アンナチュラル」を観ていた者としては二人の登場は懐かしくて、観ていてテンションが上がりました!

 

また、イタズラ通報の犯人グループである元陸上部のマネージャー・真木カホリ(山田杏奈)を襲った犯人役の岡崎体育さんは、日頃のホンワカした空気感は一切なく、志摩と伊吹とのアクションシーンでも、キレのある動きを披露。迫真の演技でした。

第3話のストーリーの中では一番ハラハラして、観ていて緊張した場面だったと思います。

 

そして九重刑事(岡田健史)が取り逃がしたイタズラ電話犯の成川(鈴鹿央士)に、ラストの場面で声をかけた謎の男として登場した菅田将暉さん。彼の登場は予告されていなかったので、ネットを騒がせたとか!?

謎の男は陸上部が廃部になったキッカケのドラッグを小瓶に入れて持ち歩き、この後嫌な予感しかしない…という雰囲気での登場の仕方でした。菅田将暉さんが登場したのはわずか数分でしたが圧倒的な存在感でした。陰のある役、ちょっと悪そうな感じで怖かったです。

 

志摩と伊吹の活躍により捕まったイタズラ電話犯の元陸上部、勝俣(前田旺志郎)ら3人とマネージャー・真木は家裁送りになり、ネットに顔写真と名前が晒されるという社会的制裁を受けたことで彼らにとっての事件はひとまず終わりましたが、捕まらずに逃げ延びた成川が、謎の男と出会って今後どこへ向かうのか、とても気になります。

第4話も楽しみです。

 

 

 

 

 

ミニー
この記事はいかがでしたか?

-ドラマウォッチ
-, , , , , ,

© 2020 家族で毎日ワクワク楽しむ Powered by AFFINGER5