ドラマウォッチ

テレビドラマ【私の家政婦のナギサさん】第6話のネタバレと感想

「私の家政婦なぎささん」は2020年7月7日から始まった、火曜10時からのTBSのテレビドラマです。

主人公の相原メイは多部未華子さんで、家政夫のナギサさんは大森南朋さんです。
「私の家政婦ナギサさん」は四ツ原フリコ原作「家政婦のナギサさん」という漫画が原作のドラマです。

原作漫画はコチラ

天保山製薬のMRとして忙しく働く、相原メイは、メイの妹からの誕生日プレゼントとして、家政夫のお試しサービスを受けることになりました。

ナギサさんは男ですが、子供の頃から「お母さん」になるのが夢だったとのことで、家事が完璧。指名ナンバー1の家政夫です。

家事が苦手なメイは、これまで営業成績で男性にも負けないように常にトップを目指し、仕事一筋で頑張ってきましたが、ナギサさんとの出会いによって少しずつ変わっていく、というお話です。

「私の家政婦ナギサさん」第5話では、メイの妹の唯は結婚、出産のために大学を中退してからお母さんと絶縁状態になっていましたが、メイとなぎささん二人で計画したお父さんの還暦祝いパーティのお陰で仲直りする、というストーリーでした。

テレビドラマ【私の家政婦のナギサさん】第5話のネタバレと感想

メイのお母さんが、二人が子供の頃の映像を見ながら、「私の中では二人ともいつまでもこの時の(小さい頃の)イメージのままなのよ。だからつい口うるさく色々と言っちゃうのよ」と言った言葉がとても印象的な、メイのお母さんの母としての愛情を知ることができた回でした。

今回は「私の家政婦ナギサさん」第6話のあらすじと見どころについてお伝えします。

テレビドラマ「私の家政婦ナギサさん」第6話のあらすじ

「私の家政婦ナギサさん」第6話では、ナギサさんの履歴書を見たメイは、ナギサさんが家政夫をする前は、自分と同じMRとして仕事をしていたことを知ります。

ナギサさんのことをもっと知りたいメイは、道端で見つけたナギサさんの後を追いかけている途中でナギサさんに見つかりますが、ナギサさんの自宅に上がることを成功します。

ナギサさんの自宅でカバンをひっくり返してしまったメイは、女性の物らしい手帳を発見し、それについてナギサさんに聞こうとしましたが、ナギサさんは怒っている様子。結局何も聞けずに帰ります。

メイの仕事がますます忙しくなり、夜中12時過ぎ帰りがつづくようになると、ナギサさんからメイを心配するメールが沢山届くようになりました。

ナギサさんがメイを心配する行動が行き過ぎるようになり、ふたりはつい口論になってしまいます。

その翌日、メイが忘れ物をナギサさんに持ってきてもらった病院で、ナギサさんは一人の女性を追うように見つめていて、少し様子が変だと感じたメイでした。

テレビドラマ「私の家政婦ナギサさん」第6話のネタバレと感想

テレビドラマ「私の家政婦ナギサさん」第6話は「好きな人のことはもっと知りたい」というテーマでストーリーが展開していきました。

後輩の遙人が「気がつくとメイのことをもっと知りたくて、ネットで検索したりしてしまう。これは恋なんでしょうか?」とメイに聞いてきた時、メイは無意識にナギサさんのことを思い浮かべて「違う。それは恋じゃない」と否定しましたが、メイはナギサさんの後をつけてしまうくらい、ナギサさんのことを知りたがっていました。

それにしても、遙人の想いに全く気が付かずにスルーするメイの鈍さはなかなかのものです。少し遙人がかわいそうになりました。

一方で、メイのことが気になっている田所も、メイの周りによくいるおじさんは誰なのか?知りたくて、陶山薫とのデート中に、メイについて聞き出そうとしてしまいます。

メイと「隣りに住んでいることは内緒にしましょう」と約束したアレは何だったのか?ツッコミを入れたくなりましたが、陶山薫はさすが、田所のメイヘの気持ちに気がついてしまいました。

自分に心が向いていない人を想うのは辛いですね。
陶山薫は一瞬、メイへ冷たい態度をとりましたが、すぐに気持ちを切り替えて、田所とメイがうまくいくように応援しようと思えるところは素敵だと思います。

一方でナギサさんの想い人は最後のシーンで病院で遭遇した女性であることは確かですが、二人の間に何があったのかはまだ謎です。

メイでなくても、明らかに挙動不審になったナギサさんのことは気になります。

次回も目が離せません!

ミニー
この記事はいかがでしたか?

-ドラマウォッチ
-, , , , , , ,

© 2020 家族で毎日ワクワク楽しむ Powered by AFFINGER5