ドラマウォッチ

ドラマ版「きょうの猫村さん」に癒される―第8話のあらすじと見どころ

ドラマ版「きょうの猫村さん」は2020年の4月から放送のテレビ東京のミニドラマで、毎週水曜日、深夜0時52分から2分30秒放送されています。

ドラマ版「きょうの猫村さん」は、ほしよりこさん原作のの人気漫画「きょうの猫村さん」の実写化で、主役の猫村さんを、なんと松重豊さんが演じていらっしゃいます。

第7話では、猫村さんはおつかい中に、見知らぬパーマヘアーの女性に声をかけられました。
その女性はとても嫌な感じで犬神家の悪口を猫村さんに吹き込みました。犬神家のお屋敷に幽霊が出るというのです。

ドラマ版「きょうの猫村さん」に癒される―第7話のあらすじと見どころ

今回はドラマ版「きょうの猫村さん」第8話のあらすじと見どころについてお伝えします。

 

 

「きょうの猫村さん」とは?

「きょうの猫村さん」とは、2005年7月からマガジンハウスにて単行本を発行し、累計330万部以上を誇る、ほしよりこさん原作の人気漫画です。

 

猫村さんはもともと「ぼっちゃん」のお家で飼われていた猫で、大好きな坊ちゃんのために、お料理や掃除などの家事を一生懸命覚えたのですが、ぼっちゃんは両親の離婚のために、猫村さんにエプロンと手紙を残して外国に行ってしまいました。

猫村さんは大好きなぼっちゃんに会うため、外国に行くお金を稼ごうと「村田家政婦」に訪れ、家政婦を始めることにしたのです。

 

「きょうの猫村さん」の原作は公式HPで無料で読むことができますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

 

ドラマ版「きょうの猫村さん」第8話のあらすじ

今回も猫村さんはネコムライスを作りました。
尾仁子お嬢様に食べてもらえるよう、今度は目玉焼きをネコムライスの上に乗せました。

しかし、尾仁子お嬢様には食べてもらえず、代わりに主人の金之助に出したところ、金之助は「普段は玉ねぎを食べられないのに、今日は不思議と食べられる」と喜んでくれました。

金之助は猫村さんに「猫村さんのつけているエプロンはどうしたの?」と尋ねます。そのエプロンは、ぼっちゃんが、お別れの時に猫村さんにくれたのです。エプロンには英語で「NECO」と書いてありました。

ドラマ版「きょうの猫村さん」第8話の見どころ

ドラマ版「きょうの猫村さん」第8話の見どころは、ぼっちゃんと猫村さんの出会いと別れのシーンのビジュアルのギャップです。

猫村さんは、ぼっちゃんと出会った時は、なんと普通の猫でした!

しかし、お別れの時には、松重豊さんの着ぐるみ姿になっていたのです。この間に、猫村さんに何があったのか?いつどんなタイミングで普通の猫が猫村さんへと変身したのか、めっちゃ気になります。

猫村さんは松重豊さんであってもかわいいことには変わりませんが…。

そして私が単にぼっちゃんのファンだからかもしれないのですが、ぼっちゃんが出てくるだけで、ほんわか癒された気分になります。猫村さんがぼっちゃんを慕う気持ちがわかります。

そんなぼっちゃんとのお別れを、猫村さんはさぞつらかっただろうと思うと、私まで心がキューンと切なくなります。

尾仁子お嬢様の猫村さんへの理不尽の態度は、ぼっちゃんのことを考えていたら、いつの間にか忘れてしまっていました。

今後はどんな展開が待っているのでしょうか?
第9話以降も要チェックです。

 

応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ミニー
この記事はいかがでしたか?

-ドラマウォッチ
-, , , ,

© 2020 家族で毎日ワクワク楽しむ Powered by AFFINGER5