ドラマウォッチ

テレビ東京系ドラマ実写版「浦安鉄筋家族」最終話のネタバレと感想

テレビ東京系ドラマの実写版「浦安鉄筋家族」は金曜日の夜0時12分から放送されています。

ビジュアル面での再現度の高さの評価が高く、人がぶっ飛んだりとかのギャグ要素も満載で、コンプライアンス的にはギリギリ抵触しそうなストーリーも絶妙な、注目のドラマです。

 

ドラマ「浦安鉄筋家族」はコロナウィルスの感染拡大による非常事態宣言の影響で撮影が休止され、放送も第6話で休止していましたが、ついに8月21日金曜日から放送が再開されました。

原作は「週刊少年チャンピオン」にて25年以上連載を続けている、シリーズ累計発行部数4400万部を突破した大人気ギャグ漫画シリーズ 『浦安鉄筋家族』です。

 

 

原作の漫画ではやんちゃでおばかな小学生の大沢木小鉄が主役で、小鉄のエキセントリックな家族たちが織り成すギャグ漫画です。

 

ドラマでは父の大沢木大鉄が主役となり、佐藤二朗さんが演じます。ちなみに、原作の漫画では、大沢木大鉄はかなり適当でだらしないお父さんです。

大沢木一家の家族構成は、妻の順子(水野美紀さん)、長女の桜(岸井ゆきのさん)、長男の春郎(本多力さん)、次男の小鉄(斎藤汰鷹さん)、三男の裕太(キノスケさん)、おじいちゃんの金鉄(坂田利夫さん)です。

 

ドラマ「浦安鉄筋家族」の監督は「おっさんずラブ」シリーズの瑠東東一郎さん、脚本はヨーロッパ企画の上田誠さんです。

 

 

第11話では、大鉄が「家族旅行に連れていく」と言いながら、行き先が新浦安だったことから、家族喧嘩になってしまいました。

テレビ東京系ドラマ実写版「浦安鉄筋家族」第11話のネタバレと感想


そんな中、大鉄の乗るタクシーに雷が落ち、大鉄は一人、半年前の世界へタイムトラベルしてしまいました。
今回は最終話のあらすじと見どころをお伝えします。

 

十二発目「大沢木家トラベリン」のあらすじ

過去へ飛ばされた大鉄は、時々家族のイベントに参加しつつも、未来から飛ばされてきたことを誰にも知られないよう、ひっそりと身を隠していました。

一方、現在の大沢木家では、旅行に行けずにがっかりした順子や小鉄たちが帰宅して、テレビを観ていたところ、サンタモニカの中継でなぜか大鉄とタクシーが画面に映っていました。

過去の大鉄は、家族を旅行に連れて行こうと決意し、仕事を頑張っていました。しかし、常連客を舟橋の埠頭に連れて行ったところで、常連客にタイムトラベラーだとバレ、襲われます。

 

ドラマ「浦安鉄筋家族」最終話のネタバレと感想

今回は、大鉄のタイムトラベル後編でした。

順子がベビーファイトをしていた時、裕太を連れ去った謎の覆面の男、桜が花丸木を自宅に呼んだ時にすれ違った謎の覆面男、大鉄が中華料理屋でフードファイトをしていた時に表れた謎の大鉄が未来から来た大鉄だったとは!

初回からなんとなく違和感を感じる部分が時々あったのですが、こうやってパズルのピースがハマると、ストーリーの流れに納得です。

まさかの、幽霊のおばあちゃんまで登場して、一家そろってサンタモニカまで大鉄を迎えに行くとは!衝撃のラストでした。

未来から過去へ飛ばされてしまった大鉄が、日頃、あまりお世話しない裕太を抱っこしたり、小鉄のいがぐり頭を触りたい衝動に駆られたり、家族を恋しく思うところに心がギュッと締め付けられる思いがしました。

そして「お父さんが帰ってこなかったことはない」と言う、桜の声に思わず涙が…。

大沢木家の絆は暖かくて最後の最後にとてもほっこり癒されました。
3か月で終わるはずのドラマが、コロナのために半年に伸びましたが、半年も楽しめたので、良かったです。
また続編やるなら観たいです。

 

応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

ミニー
この記事はいかがでしたか?

-ドラマウォッチ
-, , , ,

© 2020 家族で毎日ワクワク楽しむ Powered by AFFINGER5